中古住宅売却を成功させるための不動産会社の選び方

052-353-5580

営業時間/9:30~18:00
定休日/水曜日

2024年06月08日

中古住宅売却を成功させるための不動産会社の選び方

はじめに

中古住宅を売却することは人生において大きな出来事です。離婚や相続、住み替えなど、さまざまな理由で家を売ることになると、ほとんどの人が不安を感じます。特に、「どうしたらいいのかわからない」という声はよく耳にします。この記事では、そんな不安を解消し、中古住宅売却を成功させるための不動産会社の選び方について詳しく解説したいと思います。※【注意】不動産会社選びで中古住宅の売却の明暗が分かれます。しっかりと選定することが成功への鍵となります。

中古住宅売却の重要性について

中古住宅売却における不動産会社の重要性

中古住宅を売却する際には、不動産会社選びが特に重要となってきます!適切な不動産会社を選ぶことで、売却がスムーズに進み、お客様にとって納得の価格で売却できる可能性が高まることになります。売却活動は複雑なので、専門知識を持つ不動産会社のサポートが不可欠になってきます。

不動産会社を選ぶ理由

不動産会社は、売却活動の専門家であり、市場の動向や価格設定のノウハウを持っています。その中でも売却が得意な不動産会社を選ぶことが重要になってきます。売却を専門としている不動産屋は広告活動や買い手との交渉など、多岐にわたるサポートを提供してくれます。
不動産会社にも、特に購入に力を入れる会社もあります。
新築の売買は不動産会社にとっては稼げる分野でもあるので、ポータルサイトや広告にかなりの広告費を使います。
そのため、売却活動の資金を抑え一生懸命になれないといった傾向にあります。
お客様の大切な不動産の売却をお願いするのであれば、地域の信頼できる売却に力を入れている不動産会社を選ぶことで、中古住宅売却の成功に直結しますので見極めが重要になってきます。
不動産会社は、法的手続きや書類作成など、煩雑な業務を代行してくれるため、士業との連携の強い不動産会社を選ぶ事も重要となってきます。
そういった事から、売主の負担を軽減してくれますので、不動産会社にお願いすることをおすすめしています。

実際の中古住宅売却の成功事例

1.【離婚を機に家を売却の成功事例】
例えば、Aさんは離婚を機に家を売却することになりました。初めは何をどう進めれば良いのかわからず不安でしたが、売却専門の地元で評判の良い不動産会社に相談したことで、スムーズに売却が進みました。
案件が離婚となると、知らないと損をしてしまうなどもございます。離婚専門の弁護士さんの先生にお願いすることも重要となってきます。そういった士業との連携に強い不動産会社を選ぶことは大優先になってくると思います。
この方は最終的には希望価格で売却することができ、新しい生活への一歩を踏み出すことができました。このように、適切な不動産会社を選ぶことで、売却が円滑に進み、満足のいく結果を得ることができます。
2.【名古屋市内の中古住宅売却の成功事例】
物件情報: 名古屋市内の築25年の一戸建て
売却理由: 所有者が高齢で施設に入居するため
初期状況: 他社での売却活動が半年以上続くも、買い手が見つからなかった。

市場データの分析: 最新の地域市場データを収集し、名古屋市内の中古住宅の売買動向や価格相場を把握し、適正価格を算出。かなり高く預かっている様子で、ずっとポータルサイトに載せっぱなし。
マーケティング戦略でターゲット広告の実施。
ネットワークの活用: 地元の不動産仲介業者や投資家ネットワークに情報を共有し、迅速な売却活動を展開。

売却期間は、3ヶ月~6ヵ月の期間で、満足のゆく希望価格に寄り添った価格帯で名古屋市内に転居を希望していた若いファミリーに売却できました。

中古住宅売却の失敗事例

これはよく聞く話なのですが、Bさんは相続で得た家を売却する際、最初に見つけた不動産会社に即決して依頼しました。その不動産会社は市場の動向を入念に分析せずに放置をしていました。その結果、適切な価格設定ができず、売却期間が長引き、最終的には相場よりも低い価格で売却せざるを得ませんでした。タイミングを逃し、不動産をたたき売りしてしまったということになります。
こういった事も多くあります。専門で売却活動をしていますと、しっかりとターゲット層や相場観との動向を見ていただく事が大切になってきます。
適切な不動産会社を選ばなかったことで、Bさんは満足のいく結果が得られず、悲しい思いをしたという話もよく聞きます。
それではどんな不動産会社を選べばいいのか?を以下で説明していきます。

中古住宅売却成功のためのポイントの再確認

このように、中古住宅売却を成功させるためには、不動産会社の選び方が非常に重要です。次に具体的な選び方のポイントをご紹介します。

不動産会社の選び方

1. 地元に強い不動産会社を選ぶ

地元の市場をよく知っている不動産会社を選ぶことは、売却を成功させるための第一歩です。地元の市場動向や地域特有の事情に詳しい会社は、適切な価格設定や売却戦略を提案してくれます。地元に強い不動産会社を選ぶことで、迅速かつ効果的な売却が期待できます。

例えば、地元の市場を理解している会社は、その地域の需要と供給を的確に把握しており、適正な価格設定を行うことができます。これにより、早く高くの売却が可能となります。

2. 実績と評判を確認する

過去の取引実績や口コミを確認することで、その不動産会社の信頼性や実力を判断することができます。インターネットでの口コミや評判サイト、友人や知人の紹介も参考になります。実績が豊富で評判の良い不動産会社は、安心して任せられます。

3. 複数の会社に査定を依頼する

複数の不動産会社に査定を依頼し、比較することも重要です。各社の査定額やサービス内容を比較することで、自分に最適な不動産会社を選ぶことができます。また、査定額が極端に高い場合や低い場合は注意が必要です。複数の査定を比較することで、現実的な市場価格を把握できます。

例えば、3社以上の不動産会社に査定を依頼し、その結果を比較することで、相場感を掴むことができます。また、各社が提供するサービス内容や手数料の比較も行い、最も信頼できる会社を選びましょう。

4. 担当者との相性を確認することの重要性

担当者との相性も重要なポイントです。信頼できる担当者は、売却活動をスムーズに進めるために不可欠です。初回の相談時に、担当者の対応や説明のわかりやすさを確認しましょう。担当者との相性が良ければ、売却活動も円滑に進みます。

例えば、担当者が売却活動について丁寧に説明し、あなたの質問に対して親切に答えるかどうかを確認しましょう。また、担当者の経験や実績についても聞いてみると良いでしょう。信頼できる担当者であれば、不安を解消し、安心して売却活動を進めることができます。

そして、一番大切になってくるのがレスポンスの速さです。すぐに適格な回答をいただける、すぐに折り返しいただけるなど、今度は買主さんを連れてくるための要になってきますので、レスポンスが遅い担当や業者には注意してください。

5. 契約内容をしっかり確認する

契約内容を詳細に確認することも忘れずに。媒介契約の種類や手数料、サービス内容など、細かい部分まで確認し、納得した上で契約を結ぶことが大切です。契約内容を理解し、透明性のある取引を行うことで、後悔のない売却が実現します。


例えば、専任媒介契約や一般媒介契約など、媒介契約の種類を理解し、自分に最適な契約を選びましょう。また、契約書の細かい条項や手数料の内訳についても確認し、不明点があれば担当者に質問することが重要です。

まとめ

中古住宅の売却は大きな決断であり、慎重に進める必要があります。不動産会社の選び方、担当者の選び方で、売却の成功が左右されると言っても過言ではありません。地元に強い会社、レスポンスが早い会社、実績と評判の良い会社、担当者との相性、契約内容の確認など、これらのポイントを押さえて信頼できる不動産会社を選びましょう。


最後に、家を売ることは一大事であり、不安も多いかと思います。しかし、適切な不動産会社を選ぶことで、不安を軽減し、安心して売却を進めることができます。この記事が、あなたの中古住宅売却の成功に少しでも役立てば幸いです。
ページの先頭へ